一杢[いちもく]通販 粋な大人のおしゃれの魅力

和風スーツ・甚平・作務衣などおしゃれで粋なデザイン豊富なショップ一杢[いちもく]の通販を紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一杢[いちもく]通販 和風スーツ「門」はどんな人が着るの?

一杢[いちもく]通販の和風スーツ「門」のコンセプトをご紹介します。

現代社会では、着物離れが進み、
呉服メーカーをしていた一杢[いちもく]にも
「着物は高い」
「着にくい」
等といった声が多数寄せられるようになったそうです。

そこで一杢[いちもく]通販は
気軽に、そして洋服を着るような感覚で
着られる物はないかと考えだされたもの和風スーツ「門」だと言う事です。

「門」とは入門の「門」という意味で、
着物を着る「入門編」で着物よりラフで
簡単に着られるという意味なのだそうですよ。

一杢[いちもく]通販の和風スーツ「門」は
日本のスーツ生地で作られているそうです。

それこそが和も洋も感じ取れる雰囲気を出しているのかもしれません。

ズボン(パンツ)は袴をイメージしたデザインでゆったりと着る事ができます。

またインナーにタートルシャツを組み合わせたり、
綺麗な色をさしたりして色々なおしゃれを楽しむ事が出来ます。

着物ではなかなか思いつかない発想ですよね。

素材もウールや綿、シルクなど揃っていますので季節や使い道、
そしてお好みに合わせて選ぶ事ができます。

着物を着たいけれども
難しい、高いなどでなかなか着れない、着る機会がないという人も、

着物を着た方がいいという職業の方にも

簡単に、そして粋に着こなす事ができる
一杢[いちもく]和風スーツ「門」。

お出かけに、パーティーに、
そして父の日などのプレゼントにも必ず満足して頂ける1着となるでしょう。

和風スーツ「門」詳細はコチラでどうぞ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


和風スーツ・甚平・作務衣の『門・樹亜羅』







スポンサーサイト

テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

ショップ紹介 一杢[いちもく]通販詳細

一杢[いちもく]通販ショップの詳細をご紹介します。
一杢[いちもく] 通販のサイトでは
社長さんのブログなども見られます。

商品を宣伝するブログではなくて、
社長さんのお人柄溢れる素敵なブログになっています。
一度ご覧になってみてください。


一杢[いちもく]通販

≪お支払いについて≫

代金引換のみ
[業者]佐川急便・ヤマト運輸
●お支払い総額は
商品代金合計(税込)+送料
(1万円以上のお買いものをされた場合は送料は無料となります)
代引き手数料は一杢[いちもく] 通販が負担してくれます。

●代金は商品配送時に配送員にお支払いください。


≪配送について≫

[業者]佐川急便・ヤマト運輸
[送料料金]全国一律525円
(1万円以上のお買い物をされた場合は送料は無料)


≪返品について≫

●返品は未着用のものに限り
1週間以内に電話連絡を頂いたもののみお受けします。
送料は
・不良品の場合は一杢[いちもく] 通販のショップが、
・お客様のご都合による返品の場合はお客様負担となります。

一杢[いちもく] 通販なら代金引換手数料が無料!
1万円以上で送料も無料!
ご注文はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
和風スーツ・甚平・作務衣の『門・樹亜羅』






テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

一杢[いちもく] 通販の評判は?

大人の男性に大好評の一杢[いちもく] 通販は
一目見て気に入ってしまう方も大変多いようです。
口コミをご紹介します。

●一杢[いちもく]の通販で作務衣を購入しました。
インターネットでの商品の購入は今まであまりした事がなかったのですが、
一杢[いちもく]の通販を知ってからは
新しいシリーズやカラーが出るたびにインターネットで購入しています。
何故か虜になってしまう、そんな魅力のある作務衣です。

●色も素材も素敵で気に入っています。
縫製が丁寧で長持ちします。

●一杢[いちもく] 通販で素敵な和風スーツを見つけて、
祖父にプレゼントをしました。
結婚式でモーニングを嫌がる祖父に着せてあげたいと思って購入しました。
大変気に入り、周りからの評判も良かったです。

●こんな作務衣を探していました。
派手すぎず地味過ぎない、おしゃれです。

口コミでも高評価多数!一杢[いちもく]通販
和風スーツ・甚平・作務衣はこちら



和風スーツ・甚平・作務衣の『門・樹亜羅』



テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。